はじめに

yotsuba 食生活

はじめまして!ヨツバと申します。

ごくごく普通の、40代主婦です。

yotsuba

私は子どもの時から30年以上、様々なアレルギー症状に悩まされてきました。

アトピー性皮膚炎、じんましん、ニキビ、アレルギー性鼻炎…
体の至るところにできる湿疹やかゆみ、
止まらない鼻水や目のかゆみなど、
どこかしら不快な症状がでている状態があたりまえの毎日でした。

アトピーに効く!ニキビが治る!というような商品に出会うたび、
迷わず飛びついては、決定的な効果を感じることなく、
これが私の体質なんだ、とあきらめる日々。

妊娠・出産を経て、生活が変わったことで、症状はさらに悪化していきました。

痒みに耐え切れずに、ほどんど眠れない日もありました。
痒みのせいで集中力が欠けてしまい、仕事も日常生活も思うようにできなくなりました。
イライラして怒りっぽくなって家族にあたることもありました。
ストレスで頭がおかしくなりそうな毎日でした。

もちろん、病院にはいくつも行きました。
塗り薬に飲み薬、強いステロイドや抗生物質もありとあらゆる種類のものを使用しました。
化粧品、洗剤、漢方、衣類や下着、寝具、空気清浄機…
皮膚にとって良いと思われるものは何でも使ってみました。
その度に、決定的な効果が出ることは一度もありませんでした。

それほど悩まされてきた30年。
やっと、ついに、決定的な方法にたどり着きました。

食生活を変えただけで、見事にすべての症状が改善されました!

これまで健康に関する本をたくさん読みあさったり、
相談できる人にはどんどん相談して、いろんな意見を見聞きしてきました。

その中に、食生活に関するアドバイスが全く無かったわけではありません。

毎日の生活の中で、「食べること」はひとつの楽しみでもあり、
それを変えるのは私にとって、とても難しいことでした。
だから、最初から「食生活を変えるのは無理!」と決めつけていて、
全く実践する気持ちにはなれませんでした。

それよりも、アトピーに効く!ニキビが治る!という商品や薬に頼るという、
「簡単にできること」ばかりを求めていたのだと思います。

だから、どんな商品や薬を使っても治らない、何をしても悪化するばかりで、
もう限界!!!というところまで行ったあと…
やっと私は、「食生活の大切さ」にたどり着きました。

食生活がなぜ大切なのか。
それは間違いなく、体は食べたものでできているから

だから、自分の体になるものを、ちゃんと選ぶことにしました。
「食べたいものを食べる」という、それまでの食生活から、
体にとって必要なものを食べる」という食生活へ。
少しずつ、少しずつ、できることから変えていったら…

見事に、不快な症状は、みるみると消えていきました。
そして体の変化と共に、心も変化していきました。

食事を変えて半年が経った今では
毎日の食事が楽しくて、美味しくて、大切な時間になりました。

食生活の大切さに気づくのが遅すぎたことを、ずっと後悔しています。

もしこのまま気づけなかったら、10年後、20年後の自分はどうなっていたのだろう。
私だけじゃなく、私が作る食事を食べる大切な家族は、どうなっていたのだろう。

今となっては、取り返しのつかない状態になる前に気付くことができて、
本当に良かったと思っています。

このブログで毎日の食生活を見直しながら、
体や心の変化、気付いたことなどを記録していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました